2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.24 (Sat)

IBDの治療法

☆はじめてお越しの方は、8月22日の記事をご覧下さいね!




IBD猫の飼い主にとって、猫のIBDのサイトはバイブル的存在です

2003年に作られたこのサイトの薬物療法のところで、使用される薬として
炎症性細胞の腸壁への浸潤を抑制する目的として、ステロイド、抗炎症薬
免疫抑制剤
が使われると出ています

チビタは2年半あまりIBDで苦しんできましたが、免疫抑制剤の使用に
ついて獣医師からの提案はありませんでした
私から使ってみたいと提案しましたが、投薬量がわからないと・・・
実際に投与が始まったのは、提案から1ヶ月以上がたっていました
免疫抑制剤シクロスポリン(アトピカ)の投薬量について
決まったものはなく前例を参考に増減されているようです
なんとなく今の獣医療の現状が見えてきたように思いました

シクロスポリンについても勉強しなくてはいけないと
J-VETという獣医師向けの雑誌を購入
2008年7月号、9月号で、プレドニゾロン+アルファ シクロスポリン
タクロリムス を読んでみました
私の素人の頭では理解できないことが多く、使用例については
減薬の難しさがよくわかりました

何故併用するのか?
例えば、IBDの発症のメカニズムがいろいろあって、その中のいくつかには
ステロイドが有効に効いてくれる(10個あるうちの7個とか)
残りの3個のみを抑えればよくなるIBDであればシクロスポリン
だけで良い事になります
しかし、難治性のIBDの場合10個全部抑えなくてはいけない
発症のメカニズムを特定できないので、ステロイドでよくならない場合は
シクロスポリンと併用で投与するのだそうです
ステロイドの副作用が強く現れる場合はシクロスポリン単独で使用

チビタが再燃期に入った時、私は食物アレルギーを疑って、食事の記録と
嘔吐・下痢の関係を見ていこうとノートに記録をしてきました
療法食であっても、あわないものは確かにありました
療法食についても、根気良く合うものを探すことが必要だと思います

2009012405.jpg

チビタは下痢・嘔吐はありません

しかし、昨日はかなり腹鳴がひどかったです 

2009012403.jpg

ごはんを出前しても、出てこないで、横になったまま・・・

なんか凄く不安です、いまいち元気が無い・・・・

減薬のせいか・・・・(そうは思いたくない)

2009012404.jpg

お昼の凛太郎とラム、ラムちゃん、ちょっと迷惑かな・・・

2009012402.jpg

ももちゃんは、う~~って唸っています、凛太郎が・・・

2009012401.jpg

ももちゃんを狙っています





応援ありがとうございます
ポチっとクリック、お願いいたします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

猫のIBDの情報をお寄せください
   猫のIBDネットワーク
http://neko-ibd.bbs.fc2.com/




IBDネットワークの、為になる!お猫様の下痢・嘔吐についての日記
あき姉さんのごんちゃんが虹の橋へと旅立ちました
心からご冥福をお祈り申し上げます
ごんちゃん、安らかに・・・・





スポンサーサイト
17:19  |  免疫抑制剤  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。